沁みる曲を書こう(総合編)

個人的なメモ。
今まで聴いた音楽で無条件で涙が出る曲を集めてみました。

■ジェラルド・フィンジ
5つのバガテル – フォルラーナ

ピアノと弦楽のためのエクローグ

続きは以下から


■グスタフ・マーラー
リュッケルトによる5つの歌曲 – 私はこの世に捨てられて
■ガブリエル・フォーレ
イブの歌 – 楽園
ノクターン13番
弦楽四重奏-2楽章
■セルゲイ・ラフマニノフ
ヴォカリーズ
■吉松隆
朱鷺によせる哀歌


沢山の曲を聴いてきた中で、こうやって纏めると案外少ないものですね…
しかも傾向が似ているようで、分析するとどれもバラバラです。
あえて、ざっくり共通項を上げると
 ・4度での跳躍を効果的に使用している。
 ・旋律がゆるやかな上下を描いた後に跳躍する。
   →その時の跳躍でポルタメント。
という限られた箇所にポイント?が高い気がします。
他には「装飾音を適度に使っている」「和声のテンションは強くとっている」といった在り来たりな事柄ばかり思いつきますが、そういった何気ない事が大事なのかもしれませんね。特に装飾音は古風なニュアンスを出すため、物悲しくも典雅な表現の一助になるのかもしれません。

LEAVE A REPLY

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です