おススメ、絵画調変換iPhoneアプリ比較 - Best3 repainting apps for ios

色々とリペイント系のアプリを購入してみて分かるのは、クオリティの高いアプリはそれぞれ独特の手法で何かを実現しているところ。
出来上がりの良し悪しは好みもありますが、大胆なタッチや細やかな手法が見る者を引き付けるのは間違いありません。
これは音楽にも言えることなので、勉強になりますね。

というわけで今のところ自分のなかで自信をもってお勧めできる写真を絵画調に変換するアプリはBest3を紹介します。
作例はiphoneSEのカメラで撮った写真のみ素材に加工しました。

Read more


水彩画調に変換するiPhoneアプリ比較 - Water Color painting apps for ios

油絵調に変換するiPhoneアプリ比較の続きの記事です。
今回は水彩画調、といっても油絵ほどアプリの種類が多くはないので、それっぽいものをいくつか。

Read more


油絵調に変換するiPhoneアプリ比較 - Oil painting apps for ios

絵心は無いものの、最近写真を油絵調などにリペイントして楽しんでいます。
大きくフィルター系とリペイント系と変換過程が別れており、後者はその過程の描画も見ることが楽しく勉強にもなります。

といってもiPhoneアプリを購入して手軽に…という感じなので、技法を追及したりは出来ないのですが、
様々なアプリがあり、同じ素材を変換しても多様な結果が楽しめます。

アプリ自体の細かい使い方や紹介は時々見かけますが、同じ素材を利用した比較サイトが見つからなかったので、
備忘録的に作ってみることにしました。
Read more


黙祷

ピエール・ブーレーズ氏死去
http://www.asahi.com/articles/ASJ166W3HJ16UHBI03Z.html

学生時代はよく作品を勉強したものでした。
https://www.youtube.com/watch?v=MS82nF85_gA


弦合奏打ち込みテスト

■J.Bach Orchestral Suite 3 in D-dur Air.

      1. OriginalMix

      2. Eastwest版

Read more


キラキラ星変奏メモ

      1. キラキラ星変奏

Read more


サイトデザイン刷新

以前のサイトデザインはスタイリッシュなものの、意図した情報を伝えにくいと感じてサイト構成を変えてみました。
今回は
・読み込みの軽量化
・拡張性
・ポートフォリオを作りやすく
・レスポンシブデザイン
をメインに考えて有料デザインを購入です。

細かいところでバグはあるので、暫くは調整に手をとられそうです。
最近はCSSも動的に書き出しされることを知って、ジェネレーションギャップを感じてます…(汗)


Nocturne イメージ動画公開

Nocturneのイメージ動画を公開しました。
何気ないOLの帰宅風景に溶け込む音楽。Nocturneはもう直ぐ発売です。
http://youtu.be/fE6yLYjb1q4


Nocturne Amazonで買えます

Amazonで購入受付開始しました。

日が落ちてから暗くなるまでの空の色がテーマカラーです。
安らぎたい人に贈る、穏やかで、少し切ない夜想曲です。


NocturneCDのプレス完了

NocturneのCDプレスが完了して手元に届きました。
P4130027

長い期間を経ての成果物を手に取ると感慨深いものがありますね。
まだリリースには暫くありますが、公式サイトで試聴曲を毎週更新していきますので、チェックお願いします…!


Nocturne 演奏動画

http://youtu.be/dcJB6fkK7n4

「Nocturne」告知公開にあたって、プロモート演奏動画を公開しました。

今回は逆光によるアーティスティックな絵にしております…!
楽曲もフーガを取り入れたノクターンの規定路線と違う作りにしていますので、ゼヒご試聴下さい。


Nocturne 公式サイト

セカンドアルバム「Nocturne」の公式サイトを立ち上げました。

毎週試聴データや、収録した動画やCMなどを更新していきますので、ぜひチェックお願いします…!


Style - Hollywood SoundTrack

      1. Style_Hollywood_SoundTrack

Read more


弦楽四重奏について

昨今、弦楽四重奏というものがどれぐらい世間に浸透しているかは分かりませんが、おそらく馴染みのないものだと思います。
一般的にはバイオリンが2人、ビオラ1人、チェロ1人の小編成の室内合奏で、クラシック愛好者でも生演奏を聴く機会に恵まれていないのが現状ではないでしょうか。
そんなわけでここでは弦楽四重奏を色々と紹介していきましょう。

Read more